子供達が大好きな外遊び4選!

子供達が大好きな外遊び4選!

Babysits より, 6 分リーディング

シェア:

今日はいい天気ですか?もし良い天気なら、子どもたちと外で遊んではどうですか?子どもたちは一日中家にいると退屈しがちです。また天気が良ければ、子供達が外で新鮮な空気を吸う良い機会になります。外の広く開いた場所では、子どもたちは走り回り、より多くのアクティビティをすることができるため、幸せで、健康で、楽しくなります!これ以外の利点は、 彼らの溜まったエナジーを発散することができる機会になるということです。 子どもたちはおもちゃなしで外で数時間遊ぶこともできますが、あなたも参加して一緒にゲームを楽しむことができたらより良いですよね。以下では、あなたがお子様と一緒に行うことのできる、いくつかの最高の遊びを紹介します。

サッカー鬼ゲーム

これは3人以上の子どもたちで遊ぶ楽しいゲームです。1つのボールを使って遊び、1人が鬼となります。鬼を囲む子どもたちからゲームは始まります。このゲームの目的は、いかに鬼をボールに近づけずにパスし続けられるかに挑戦するというものです。基本的に、他のプレイヤー同士でボールをパスし合い、鬼がそのボールを取ろうと他のプレイヤーを邪魔するというゲームです。鬼が他のプレイヤーの邪魔をすることに成功したら、そのボールを蹴ったプレイヤーが次の鬼となります。

もしさらに多くのプレイヤーがいる場合、ゲームをさらに面白く挑戦的にするため、より多くのプレイヤーを鬼にすることもできます。

必要なもの:

  • ボール

けんけんぱ

けんけんぱは歩道や家の前で遊ぶことができる、楽しい屋外ゲームです。子どもたちが10面の数字付きの四角いコートを地面に書くことができるように、いくつかの色付きチョークが必要かもしれません。最後の四角は、“ホームベース”です。コートを作り終えたら、その四角のコートのうちの一つに、小さな石を投げます。このゲームの目的は、一つの四角に片足だけで立ち、その足を四角の間で交換させることです。プレイヤーはコートの最後まで行って帰ってこなければなりません。また、投げた石が落ちたコートの上にはけんけんぱする事はできません。プレイヤーはコートの最後の端まで行き、石を拾って帰ってきます。注意すべきポイントは、プレイヤーはコートの中でのみジャンプすることができ、バランスを崩したり、コートの枠に触ったりするとアウトです。もし上手く帰ってくることができたら、また石を投げてけんけんぱをして、元の場所に戻ってきます。

このゴールは、すべてのコートに石を投げ拾って帰ってくることを、1番早くやり遂げることです。もし1度ミスをしても、ミスしたところから新しいゲームをもう一度始めることができます。

お子様はコートをカラフルにしたり、変わった形にしたり、絵を書いたりして遊ぶことができます。

必要なもの:

  • 道に絵を描くためのチョーク
  • 小さな石

縄跳び

縄跳びは、両はしに2人のロープを回す(同じ方向で)人たちと、複数のプレイヤーたちで遊ぶことができます。ロープを回す2人以外のプレーヤーは、縄の上をジャンプします。子供達はまた、自分自身で縄跳びを使い遊ぶこともできます。もし4人以上のプレイヤーがいる場合、だれかが縄に引っかかった場合、その人が縄を回す人と交代するなどして遊ぶことができます。縄跳びは素晴らしいエアロビックエクササイズです。

必要なもの:

  • 縄跳び用の縄

ボトルサッカー(イギリスではサッカー)

ボトルサッカーは最低3人のメンバーと、遊ぶための場所が必要です。それぞれのプレイヤーはキャップの付いていないペットボトルを水でいっぱいにして、それをフィールドのどこかに置きます。プレイヤーはフィールドの真ん中に集まり、ボールを囲みます。その際少なくとも10歩ボールから離れるようにしてください。一度ゲームが始まると、プレイヤーはボールを所持するために走ります。また一度プレイヤーがブールを所持したら、そのボールを使って他のプレイヤーのペットボトルを倒そうとします。自分のボトルが蹴られたプレイヤーは、自分がボール所有している時にのみ、そのボトルを立て直すことができます。このゲームのゴールは、ボトルに最後まで一番多くの水を残しておくことです。携帯で10分タイマーを設定して、時間が切れるとそのゲームは終了します。その時点で、誰が一番多くの水を残しているかチェックしてください。

必要なもの:

  • 1人に対して1本のペットボトル
  • ボール

これらの提案に加えて、お子様ができるアウトドアアクティビティーは沢山あります。夏の間はお子様を強い太陽の日差しから守り、水を定期的に飲ませてあげて、常に体に水分がある状態を保つことを忘れないでください!