フルーツや野菜を楽しく食べる方法!

フルーツや野菜を楽しく食べる方法!

Babysits より, 6 分リーディング

シェア:

あなたは子供たちに野菜やフルーツを食べさせることを、どうやって楽しくしますか?私たちはとびきりのクリエイティビティを発揮して、フルーツと野菜の動物を作ることにしました!いまから紹介するステップを真似して、子供たちと一緒に試してみてください!こうすることで、子供たちは野菜やフルーツの色や硬さ、形などの違いを経験して、これらの健康な食べ物を使って楽しむことができます!

イチゴのちょうちょ

最初は一番シンプルなものからはじめましょう:なんこかのイチゴを使って、おいしくてカラフルなちょうちょを、簡単につくります。必要なものはいちごと、ミント...それだけです!それぞれのイチゴを上から緑の茎のところまで切ってください。全部切らないように注意してくださいね。そして羽を作るためにそのイチゴを開いてください。お皿の上でアレンジして、2つのミントを、ちょうちょの触手を作るために加えます。

butterflies made out of strawberries

フルーティーなくじゃく

このフルーティーなくじゃくに必要なのは、緑(もしくは家に赤いブドウがあればそれでもOK)のブドウ、ブルーベリー、梨、ニンジンです。梨とブドウを垂直に半分に切ってください。そして切った半分の梨をお皿の上において、そのまわりにブドウを置いてください。そうしたら、大量のブドウの上に、くじゃくがらを真似するようにブルーベリーを置いてください。最後に、くちばしと、2本足をにんじんから作ります。この作業はとても繊細な包丁さばきを必要とするので、少し大きくなった子に任せてください。それらをうまくおいて、とてもおいしくて健康なくじゃくの完成!

fruit peacock

赤い魚🐠

この3匹の魚を作るには3つの違う野菜が必要です:ラディッシュ、にんじん、きゅうり。子供の好きな野菜に合わせて、体のパーツ、頭、鱗、ひれを別の野菜に変えることもできます。シンプルに野菜を薄く切って、お皿の上でアレンジしてください。かわいい泡には、半分にしたブルーベリーを使いました。

fish made out of radishes

野菜フクロウ

このカラフル、野菜、フルーツフクロウは、全ての有名な野菜に変装することができます。頭を作るために、(皮を使って)きゅうりを使って2つの尖った耳を切り出し、オレンジ色のパプリカを細く切って羽を作ってください。また、赤ちゃん人参も羽として使うには良い素材です。大きな夜行性の目を作るには、少しズルする必要があります。二つのボトルの蓋をサワークリームで満たし、そして瞳孔を薄いトマトのスライスで形作ります。お腹には、スライスしたキュウリを使いました。次は取りにとって最も大切な:羽を作ります。これには、小さなチェリートマトと赤いパプリカを短冊状にカットしました。やっとフクロウが、飛ぶことができます!もちろん、着地するための足も必要ですよね?残りのパプリカを使って作れます。出来たらフクロウが飛んでいってしまう前に、野菜をサワークリームにディップして食べてしまいましょう!

fruit and vegetable owl


あなたの無限のクリエイティビティを発揮しましょう!もっとたくさんの動物を、季節のフルーツや野菜を使って作ることもできます。子供たちは彼らの想像力を使って、フツーツと野菜をアレンジするのに、大きな助けになりますよ!ですが、安全のために、刃物を使うときは親御様がその役割を担うことをお勧めします。この動物たちが子供たちに様々な新しい味に対して敏感になることを助けます。子供達はもっと色々な野菜やフルーツを知ることができ、楽しく魅力的に健康的な食べ物を食べる方法を提供します。皆さんが楽しく健康に食べられますように!PS:ぜひいろんな人にレシピをシェアしてください!@Babysitsのタグをインスタまたはフェイスブックでシェアするときは忘れないでくださいね!