ベビーシッターへのヒント

ベビーシッターへのヒント

初めてのベビーシッター: あなたが知っておくべきこと

  • わかりやすい自己紹介をプロフィールに加えて、あなたに関する、できるだけ細かい情報やスキルを親御様に伝えましょう。
  • あなたが気になる親御様を選び、連絡を取り合いましょう。その後、電話で話す機会を設け、お互いをよく知ってください。その際に親御様に関して良い印象を持たれたら、直接会う機会を設け、家を尋ねお子様に会ってください。私たちBabysitsは親御様一人一人を面接することはしませんので、絶対に信頼できるベビーシッターにのみお会いになってください。
  • 特にあなたが18歳以下である場合は、親御様との初めての面会の際、誰かもう1人を連れて行くようにしてください。
  • もし親御様に、お子様を学校に迎えに行くように頼まれた場合は、あなたはお子様の学校、先生、他の親御様などに紹介してもらっておく必要があります。親御様に初めにあなたのことを紹介してもらうように頼んでください。
  • 親御様があなたに、パスポート情報や、IDカード情報を聞かれることはとても珍しいことではないですが、絶対にメールを通じてあなたの個人情報を送ることはしないでください。個人であったときにのみ、あなたの情報を提供してください。
  • 年齢は大切です。Babysitsは、プラットフォーム上で提供されているサービスの信頼性と質を保ち、高めるために、使用可能年齢は13歳以上という年齢制限を設けています。

素晴らしい(パートタイムの)仕事

ベビーシットはおそらく最も楽しい仕事のうちの一つでしょう!お子様と一緒に遊び、お子様がベッドに入って寝始めたら、リラックスすることができます。特にベビーシッターでは、あなたが働く時間や働く人を自分で決めることができるので、より楽しいものとなるでしょう!

もしあなたがフルタイムの仕事をお探しの場合は、チャイルドマインダーエージェンシーまたは、チャイルドマインダー/ナニーとして登録することも可能です!チャイルドマインダーエージェンシーでは、あなたがその部門でのエキスパートとなるため、いくつかの授業などを受けることができるでしょう。多くの国で、親御様はチャイルドマインダーやナニーなどの政府に認められた人をより雇う傾向があります!

問診表

一番初めに親御様にこの問診票を埋めるように尋ねてください。これはシッターがお子様と一緒に居られる際に、問題が発生することを防ぐためにあります。 問診票を見る

あなた自身でできる準備

  1. 予定を立てる 本当にその予定の日にベビーシットができるかどうか、ご自身の予定をよく確認してください。親御様に何時間のベビーシットを希望するかなど、時間に関する質問をしっかり行うことを忘れないでください。予定はBabysitsを通じて確認してください。私たちがあなたの予定をきちんと管理して、リマインドします。あなたが親御様の指定する時間に合わせられなかった場合でも、話し合うことで時間の調節、交渉は可能です。あなたがベビーシットできない日、例えば学校に行く日、働く日、あなた自身のお子様をベビーシットする日(親同士のヘルプサービスで登録されている場合)には予定を立てないでください。

  2. 赤ちゃんに関する特別な指示 あなたが赤ちゃんをベビーシットする際は、親御様に赤ちゃんをケアする際の特別な指示を与えてもらうよう、お願いしてください。例えば、おむつやおしゃぶりなどの、器具の場所を理解しているようにしましょう。

  3. お家の中で使用可能な物に関する、共通の理解を得ましょう もしあなたがそのご家族の家でベビーシットすることを希望される場合は、全ての物(テレビ、冷蔵庫、電話など)が使えると思いこまないようにしましょう。いつでも親御様と話をし、使用可能な物を明確にし、ポジティブで問題のない経験ができるようにしましょう。

  4. お家のルール 常に親御様に、来客があった際は家に入れて良いのか、電話があった際は応答するべきなのかに関して、質問しておくようにしましょう。あなたがベビーシット中邪魔されないように、親御様に留守番電話サービスを設定してもらうように尋ねることもできます。また、いつ、どの人に対しては電話に応答すべきなのかに関しても尋ねておくといいでしょう。

  5. 外に出て探検しましょう 子どもたちが好きなことはなんですか?子どもたちは年齢に応じて違う興味があります。彼らが何を好きか学び、それぞれの子どもに応じてベビーシッターのスタイルを適合させるようにしましょう。

ベビーシット中は何をするか

子どもたちをベビーシットするには、訓練、忍耐力、予測不能なこと(例えば、オムツを変えること、子どもたちがぐちゃぐちゃにした部屋を綺麗にすることなど)に対応する能力が必要不可欠です。

一歩一歩

  1. 以下の情報を書き取ってください: 電話番号、住所、あなたがベビーシットをしに行く先の住所、お子様の名前、(緊急の場合)緊急連絡先、お子様のアレルギー情報。常に、救急箱がどこにあるか尋ねるようにしてください。
  2. 絶対に見知らぬ人にドアを開けないでください あなた自身の安全のために、あなたもしくは親御様が予想していた人にのみ、ドアを開けてください。常にドアを開ける前に、ドアの前に誰がいるかを確認し、親御様に開けていいかどうかの確認をしてください。何か怪しいことがあった際は、親御様に連絡するか、ドアを開けないでください。
  3. ベビーシットをする際、何をするか理解しておいてください あなたがお子様と遊ぶ時間がたくさんあるなら、アートやクラフト制作に挑戦してみてはどうですか?お子様がもっと参加して楽しめるようにするため、彼ら自身に何か楽しくて安全な遊びを考えてもらって、それを行うことも良いアイデアです。あなたのポジティブで幸せそうな態度も大いに役に立ちます!私たちはあなたのインスピレーションを掻き立てるいくつかのアイデアを、このページの上に記載しています。そちらも参考にしてみてください。
  4. 子どもたちが部屋の中にいて、安全であることを常に確認してください 安全は常に1番重要な、優先されるべきポイントです!あなたの目が子どもたちに常に届いていることを確認してください。誰も見ている人がいない場合や、親御様が許可していない際には、絶対に子どもたちを外に出て行くことを許さないでください。
  5. 親御様があなたにお願いされた時間に、子どもたちを寝かしつけてあげてください あなたが時間通りに子どもたちを寝かしつけることは、その子たちの睡眠のループと、スケジュールを守るために大切なことです。これは特に小さなお子様にとって大切です;もし彼らが寝るには早すぎる時間に寝かしつけられると、いつもより早く起きてしまい、その後また寝ることができなくなってしまいます。もし彼らが寝るのを拒んだら、本を読んであげたり、添い寝できるお気に入りのおもちゃをあげたりすることもできます。小さな子どもは、疲れると不安定になりやすいことを覚えておいてください!最後に、子どもたちを常に確認するようにしてください。
  6. 子どもたちと遊ぶ! 子どもたちは遊ぶことが大好きです。なので、あなたのてが泥まみれになることは恐れないでください!あなた自身になって、楽しんでください – あなたが楽しんでいたら、子どもたちもより楽しむことができます。子どもたちはあなたと過ごした時間のことを、親御様に伝えられます。彼らが楽しい思い出を残せるようにしてあげてください。
  7. 親御様が帰ってこられる前に、使った場所、ものを綺麗にしてください その日使った部屋を、あなたが来た時ほど綺麗になるようにしてください。これはあなたとお子様が遊んだ後の、後片付けをするという意味です。もちろんあなたがお子様と一緒におもちゃを片付けをすることもできます。ですが、あなたの使ったお皿を洗うことなどを手伝わせたりはしないでください。それはあなたの責任です!

御家族との初めての対面

私たちはベビーシッターに、親御様と子供たちに事前に会ってから仕事をされることを、強くオススメしています。あなた自身の安全のために、親御様に公共の場で、または誰かもう一人を連れて面接を行なってください。

また、ベビーシッターのお仕事初日までに、本当にその人を信頼できるまで会い続けてください。親御様もあなたに、ベビーシットを親御様の前でするように頼まれるかもしれません。こうすることで、彼らがあなたのベビーシットスタイルをより知ることができ、あなたも彼らに質問をすることができます。もしあなたの家でベビーシットすることをお望みの場合、親御様にあなたの家を最低でも1度は訪れてもらってください。

もしその面会が良いものであり、その親御様のためにベビーシットをしたいと思われたら、ベビーシットを始める前に大切な情報を選り抜いておいてください。私たちの 問診票をガイドラインとして使うことができます。

Babysitsはユーザー間のコミュニケーションを取りやすくするため、個人間のメッセージサービスを提供しています。あなたが連絡先を交換しても大丈夫だと思えるまで、初めは必ずBabysitsを通して、ほかのユーザーと連絡を取り合ってください。十分信頼できると感じたら、他のメッセージプラットフォームを交換してください。私たちBabysits上のメッセージ全てを確認、記録は行っていませんので、ユーザー間のメッセージに関する問題は解決することはできません。また、他のメッセージサービスをご利用の場合は、全て自己責任となります。

他の方とベビーシットをすること

特にあなたが何人もの子どもをお世話している時など、誰かの手を借りることはいつでも良いことです。もしあなたの親御様が許可を出された場合、あなたのお友達も誘って、子ども達が眠っている間は一緒に時間を楽しんではいかがですか?

もっとヒントを見る